子どものできたを育む

子供でも安全にお湯が沸かせる 電気ケトル

長野県軽井沢町の整理収納コンサルタント 山口あやです。

やかんから、電気ケトルへ

先日、2つ持っているやかんの1つが壊れました。

1つは、麦茶を煮出す 大きなやかん(右)。
もう1つは、コーヒーを飲むときにお湯を沸かす 小さなやかん(左)。

この、小さい方(左)を、空焚きしてしまい、底に穴が空いてしまったのです(>_<)
(とってもキケン(^^;))

「はぁぁ、やってしまった~」と、
さすがにしょげました(T_T)・・・が

気を取り直して、買い替えることに。

似たようなやかんなら、
今まで通りの暮らしが送れる。

でも、

今の暮らし、これからの暮らしを考えた時に
他の選択肢があるかもしれない、

悩んだ末、
「やかん」から「やかん」ではなく
「やかん」から「電気ケトル」へ買い替えることにしました^^

子供でも安全にお湯が沸かせる 電気ケトル

私が選んだのは、こちら

タイガー 電気ケトル わく子 PCM-A型 0.8リットル(左)

これを選んだ理由は、大きく3つあります。

1. 空焚きの心配がない

沸騰すると、自動でスイッチが切れるので、空焚きの心配がありません。

2. 子供でも、安全に扱える

本体を触ってもやけどの心配がなく、倒しても注ぎ口からお湯がこぼれないので、子どもでも安全に扱えます。(2018年キッズデザイン賞受賞)

3. デザインがかわいい

形と色が かわいい♪

沢山の種類の電気ケトルがあり、とっても迷ったのですが・・・
「2.子供でも安全」と「3.デザイン」が決め手となり、こちらになりました^^

いざという時、1人でできるように

そして、届いて間もなく
いざという時に、1人でできるよう、息子(小3・8才)に、カップ麺と、ホッとココアを作ってもらいましたよ~^^

1.水は、メモリの下まで

2.ふたをして

3.スイッチオンで湯沸かし開始(ランプ点灯)

4.ランプが消えたら湯沸かし終了

5.ふたの真ん中のボタンを押して、お湯を注ぎ

6.お湯を注ぐためのボタンを押し戻し

7.元の場所に戻して、完了!

息子の感想は
「簡単だった~!」

やかんと違い、本体が熱くならないため
安心して見ていられました◎

ただ、やかんより少し重たいので(本体質量720g)
中に水を入れると、ちょっと重く感じるかもしれません。

と言っても、小学生以上なら、持ち上げるのにさほど苦労はないかなぁと思われます。

私も、日々使ってみて
お湯が沸くのが速く、空焚きを気にせずに使えるので、気持ちが楽になりました。

クエン酸でのお手入れが、約2か月に1度ほど必要ですが
簡単なものなので、続けられそうです^^

「やかん」から、「電気ケトル」への買い替えなんて
ちょっと前まで全く考えてもみませんでしたが・・・

今まで使っていたモノが壊れた時
当たり前を見直して

これからの暮らしに合わせて買いなおす
良いチャンスになるなぁと感じた出来事でした^^

参考:電気ケトル(タイガー わく子 PCM-A型 0.8リットル)
”mamaのて”のお片づけサポート ─もっと自分らしく輝きたいあなたのために─ ”お客さまの人生の節目” を日々の暮らしが ”グンと楽になる仕組み作り” でサポートします
詳細を見る

     
ABOUT ME
山口あや
山口あや
片付かないことが足かせになって 本当にやりたいことができないと感じている方へ、日々の暮らしが”グンと楽になる仕組み作り”を通し、もっと自分らしく輝くための環境づくりをサポートします。長野県軽井沢町在住の整理収納コンサルタント。小5男子の母。