子どものできたを育む

【続けられる!】宿題嫌いの小学生のやる気を引き出す「しゅくだいやる気ペン」

長野県軽井沢町の整理収納コンサルタント 山口あやです。

宿題が大嫌いな息子(小3・9才)。
日々の宿題バトルを何とかしたい・・・と思っていた時に
「しゅくだいやる気ペン」を知り、即、注文。

使い始めて1ヶ月半経ち、その効果を感じています!

しゅくだいやる気ペンとは

コクヨのしゅくだいやる気ペンは、
家庭学習の習慣化をサポートする
まったく新しいコンセプトのIoT文具です。


(画像は商品サイトよりお借りしました)

やる気ペンで勉強すると
アプリが日々の努力を見える化
習慣化をサポートします

息子の感想「面白い!」

 

母
やる気ペンを使ってみてどう?
息子
息子
面白い!勉強がはかどるようになった。
母
宿題が嫌じゃなくなった?
息子
息子
うん。
母
特に、何が楽しい?
息子
息子
りんごの実がなるのが楽しい!

 

私の感想「宿題にサッと取り組める日が増えてきた」

今までは、「ちょっと休憩してから」など、
何かと理由をつけて宿題になかなかとりかかることができなかったのですが
「しゅくだいやる気ペンで宿題を終わらせちゃおう!」と声を掛けると
宿題にサッと取り組める日が増えてきました

少し時間のかかる宿題も、がんばった分、やる気パワーが貯められると思うと、やる気がでるようです。

また、宿題が終わると、「スマホを貸して!」と
すぐにアプリを立ち上げてやる気パワーを注ぐことを楽しんでいます

さらに、宿題が終わったらスイッチ(ゲーム)ができるという約束も、相乗効果を発揮していると感じます。

やる気ペンの使い方

やる気ペンの使い方はとっても簡単。
いつもの鉛筆にやる気ペンを装着して、宿題開始!

やる気パワーの量(時間)に応じて、ランプの色が変化していきます。

やる気ペンのアプリ

宿題が終わったら、スマホアプリを立ち上げて
やる気ペンを近づけると、やる気パワーがアプリに反映されます。

反映されたやる気パワーを、やる気族(頭に芽を持つキャラクター)に注ぐと

やる気パワーの量に応じてリンゴの実がなります。

すごろく状の庭のマス目を、リンゴの数だけ進み

色のついたマス目でアイテムをゲット!

赤い旗の立っている地点には

ゴホウビが設定できるので、内容を親子で話し合って決めます。


今回は、無くしてしまった給食の帽子を新調したため
それを4回にわけてゴホウビに。

 


次回は、食べ物を設定しました。

自分で、やる気グラフ(勉強した時間)もチェック。
今日はがんばった!と、いう気持ちになるようです。

ちなみに、月別のグラフは、こんな感じ↓
(やる気ペンを使い忘れてしまった日があります😢)

私は、やる気の記録を確認して、確認マーク(花丸)をつけ
「今日もがんばったね!」と声かけ。

やる気ペンの充電

側面にあるランプが点滅したら、そろそろ充電が必要なサイン。
USBケーブルをつないで充電します。


(注意)充電中は、やる気ペンが使用できません。

宿題が終わったらスイッチ!

また、やる気ペンと併せて

「宿題が終わったらスイッチ(ゲーム)ができる」という約束をしており、それが 息子のやる気をさらに後押ししています。

我が家では、基本を「遊ぶ時間0分」に設定。

「宿題が終わった!」という自己申告を受けて、私がスマホのアプリで遊ぶ時間をプラスしています。
(尚、私が外出中の時は、携帯電話に「終わったコール」が入ります。)

<Nintendo みまもり Switch設定>
・1日にあそぶ時間「曜日ごと」を”ON”月~日まですべて「0分」
ソフトを中断するを”ON”

遊ぶ時間を15分刻みで設定できるので、
やることが終わったら15分、また何かが終わったら15分、など
その日、その時の状況を見て、相談しながら、小刻みに時間を追加しています。

 

以前は、1日○分で設定していたのですが、
やることが終わっていないのに遊んでしまう日が続き、大失敗・・・(>_<)
最近はようやく、このスタイルに落ち着きました。

ちなみに、スイッチは、YouTubeも見られるため、ゲームだけでなく、YouTubeも、スイッチで遊ぶ時間としてカウントしています。

さいごに

宿題の大嫌いな息子にとって、また、親である私にとっても
「しゅくだいやる気ペン」と、「スイッチ」は、とってもありがたい存在です。

どちらも、スマホアプリと端末が連動することで、ユーザーのかゆいところに手が届く”技術力”が素晴らしい!

やる気ペンは特に、がんばりが可視化されることで、息子の自信につながっていると感じます。また、みまもりスイッチは、子どもが自分でコントロールできない部分を、親がサポートするものですが、成長と共に、使い方を見直していくことも必要になりそうだなぁと感じます。

今回は、我が家で行っている、宿題嫌いの息子のやる気を引き出す工夫についてお伝えしました。

やる気スイッチがなかなか入らないと時もありますが・・・今までと比べたら、ずっと、スムーズに宿題に取り組めるようになりました。やはり、楽しいから、自然に続けることができるんだと思います。

少しでも、宿題バトルでお悩みのお母さん、お父さんの、お役に立てば幸いです^^♪

参照:「しゅくだいやる気ペン商品サイト
https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/yarukipen/

”mamaのて”のお片づけサポート ─もっと自分らしく輝きたいあなたのために─ ”お客さまの人生の節目” を日々の暮らしが ”グンと楽になる仕組み作り” でサポートします
詳細を見る

     
ABOUT ME
山口あや
山口あや
片付かないことが足かせになって 本当にやりたいことができないと感じている方へ、日々の暮らしが”グンと楽になる仕組み作り”を通し、もっと自分らしく輝くための環境づくりをサポートします。長野県軽井沢町在住の整理収納コンサルタント。小5男子の母。