子どものできたを育む

簡単☆1年生でも続けられる 小学生のプリント管理

長野県 軽井沢町の 整理収納コンサルタント&
親・子の片づけマスターインストラクター 山口あやです。

 

子どもの持ち帰った授業のプリントやテストは、誰が、どんな方法で管理していますか?

  • 子どもが自分でパンチで穴をあけ、フラットファイルに綴っている。
  • 不要なプリントはママがすぐに整理して、家になるべく溜めない。

・・・など、お家によって、様々な方法で管理されていると思いますが、今回は、わが家で行っている、簡単なプリント管理をご紹介します^^

プリント管理の概要

まず、先に結論を言いますと・・・

わが家のプリント管理の工程は、大きく分けて2つあります。

  1. 普段はプリントBOXに、子どもが自分で投げ込むだけ
  2. 時間にゆとりのある夏休みや冬休み、春休みを利用して、親子で一緒に整理する

です。

この方法は、

  • 子どもが自分でできること
  • 疲れていても、簡単で毎日続けられること
  • 整理はゆとりのある時に、親がサポートしながら、子どもが自分で判断すること

を大事にしています。

この後、この仕組みに至った経緯も踏まえて、やり方を詳しくお伝えします^^

小1、1学期の大変さが、きっかけに

小学校に入学すると、自力での登下校、宿題、時間割など、今までなかったことが始まります。そのため、1年生の1学期は、親子とも、新しい生活に慣れ、何とか無事に1日を終えるだけで精一杯。

色々がゆっくり目な息子は、疲れからか、帰宅後の宿題に時間がかかり、時間割も後回しになりがち・・・。やることが見えるように、お仕度表を作ってみたり、習慣になるまで、行きつ戻りつの繰り返しでした。

平日は、毎日がそんな感じだったので、プリントに自分で穴をあけて、ファイルに綴るなんて、とてもじゃないけどする余裕はありませんでした。

普段はできるだけ簡単に、続けられることを優先に

そこで始めたのが、投げ込むだけの簡単ブリントBOXです。

カラーボックスの一番下の段に、A4サイズが入るBOXをセット。
持ち帰った授業のプリントやテストは、そこに入れるだけでOK◎

※ニトリのカラーボックス+インボックスを使っています。

ポイントは、

  • 要る要らないの判断はせず、とにかくココに入れる
  • 場所が決まっているので迷わない
  • 投げ入れるだけで簡単

そのため、1年生の1学期から2年生の3学期になった今も、無理なく続けています。

また、授業のプリントやテストの他にも、使用済みの教科書やノート、習い事で受け取ったプリント、ちょっとしたお絵かき、折り紙など、子ども自身が管理する紙類は、何でも入れています。

時間のある長期休みを利用して、親子で一緒に整理

そして、いい具合にプリントがたまった来たころ、夏休みや冬休み、春休みなど、時間にゆとりのある長期休みを利用して、BOX内のプリントを整理します。

大量のプリントを1人で整理するのはまだ難しいため、私が声を掛けながら一緒にしています。我が家では、1年生の夏休み・春休み、2年生の冬休みと、今回が3回目でした。

実は、2年生の夏休みは引っ越しと重なり整理ができなかったので、今回BOXがあふれ気味 (^^;) 次回は、2年生の春休みに、行う予定です。

プリント整理のポイント

整理する時は、こちらの3つに大きく分けました。

  1. 処分
  2.  ひと手間かけて、処分
  3.  とっておく

 

今回、2年生の冬休みは・・・

1.処分
●100てんだったプリントやテスト
●使い終わったノート

2.ひと手間かけて、処分
●100てんじゃなかったプリントやテスト
●最後まで使わずに残ってしまったノート

3.とっておく
●2年生(上)の教科書
●本人が思い出としてとっておきたいと言ったもの

という内容に。

整理したプリントの処分方法、保管方法

1.処分

●使い終わったノート
●100てんだったプリントやテスト

ともに、紙袋にまとめ、古紙回収へ。

※記名がされているので、名前が簡単に見えないように紐で束ねる、紙袋の上に簡単な封をするなど、配慮することをおすすめします。

 

2.ひと手間かけて、処分

●100てんじゃなかったプリントやテスト

これは、2年生になり、劇的に増えました(^^;)
復習に使えたらなぁと、私の判断でいったん残し、後日、間違えた問題で、私が手書きの簡単な問題集を作りました。

3年生への進級準備として、春休みにできるといいなぁと思っています。

その後、プリントとテストは、古紙として処分しました。

 

アドバイザー仲間のくみちゃん
アドバイザー仲間のくみちゃん
うちと同じ~と思って読み進めたてたら、問題集を作る!?いやいや脱帽だよ~!!
わたし
わたし
同じなのね~嬉しい!問題集は、今回が初の試みだよ^^ 
わたし
わたし
小2って、苦手がでてくる微妙な時期と感じてね(^^;)

普段の宿題でぐっとハードルを下げてる分、ちょっと補っておかないとキケン…という我が家の事情があって。。

わたし
わたし
だから、これは必須ではないよ~

 

●最後まで使わずに残ってしまったノート

そのまま捨てるには忍びなく・・・未使用ページをカッターで切り取り、クリップではさんで、息子のメモ帳に。勉強スペースに置いて、使っています^^
記入済みのページや表紙背表紙は、古紙として処分しました。

 

3.とっておく

●2年生(上)の教科書

本人は「もう要らない」と言ったのですが、せめて2年生が終わるまでは持っていようと、プリントBOXの中に戻して、年度末に再検討する予定です。(写真右側)

 

●本人が思い出としてとっておきたいと言ったもの

これは、「小2」というラベルを貼った封筒に入れ、思い出BOXへ。
幼稚園、保育園、1年生のプリント類も、再度見直し、同様に保管しています。

2年間試してみて思うこと

プリントはどんどん増えるものなので、最終的に処分するものが大半になる場合が多いと思います。ですが、初めは何が必要で、何が不要なのか、判断が難しいことも。

そこで、プリントBOXにある程度ためてから、まとめて整理をすることで、色々見比べられ、自分にとって大切なもの、不要なモノの判断がしやすくなる効果があると思います。

また、整理・処分前の一時保管場所として、このシンプルなプリントBOXが、大事な役割を果たしてくれていると感じます。

今回は、「子どもが自分で無理なくできる」を大事にした、わが家のプリント管理をご紹介しました。

お家によっても、その子によっても、どんなやり方がいいかは異なります”自分に合ったやり方” を見つける ヒントにしていただけたら嬉しいです^^♪

子どもが一人で着替えを準備できるようになったのは、○○のおかげ!気温の変化が大きな季節は特に、毎日着るものに悩みますね(>_<) 息子(小3・8才)は、前の晩に、翌日の着替えを準備し...
         
◆親・子の片づけインストラクター【入門講座】
2019年11 /21(木)10:30-12:00(90分) 佐久市創錬センターにて
子どもが片づけられない理由や、片づけられるようになるために必要なことを90分で学ぶ入門講座です。

◆親・子の片づけインストラクター【2級認定講座】 
2019年11/26(火)10:00-16:00(5時間) 佐久市創錬センターにて
お家での片づけを成功させるために必要なコツを、仕組み作りと関わり方の両面から学び、「我が家の改善点」を具体的に見つける講座です。受講後、親・子の片づけ教育研究所から「認定証」が交付されます。

◆お片づけサポート
一人ではなかなか進まない、やり方がわからない、一緒に手伝って欲しい・・・そんな方には「お片づけサポート」がおすすめです。お困り箇所をスッキリさせ、実践を通してお片づけのコツも学べます!

ABOUT ME
山口あや
山口あや
お部屋と心を整えるお片づけサポーター お片付けは苦手でした。そんな私でも、ラクで、簡単で、続けられるやり方を、日々研究しています。 また、色んなことがゆっくりな息子の「自分でできた!」を少しずつ増やす暮らしを、試行錯誤中です。